最近のトラックバック

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ

2008/04/18

マダガスカルの牛肉

Img_0533
今回お食事でマダガスカル現地の人にお勧めされたのは昼も夜もなんと牛肉。なんでも彼らは日本の和牛ってものはすごくおいしいと聞いているけど、マダガスカルの牛も美味しいから食べてみてくれっていうことらしいです。ということで、お昼はこジャレたホテルのレストランで牛肉ランチです。これはフルーツジュース。マダガスカルのフルーツはほんとに味が濃くておいしい!

Img_0534
そしてマダガスカルのローカル牛のステーキ。このステーキ、マダガスカル産のフォアグラとマダガスカル牛肉を重ねてミルフィーユ仕立てにしています。お肉はかなり歯ごたえがよく、野生味あふれる味。

Img_0534_2
これが食べた牛さん。「セブ牛」というらしいです。背中に脂肪のこぶがあるのが特徴です。マダガスカルの道路にはこの牛がたくさんいました。

Img_0536
今回滞在したのは首都のアンタナナリボです。これはレストランから望むアンタナナリボの町並み。

Img_0579
そしてディナーももちろん牛。これは普通の種類の牛さんです。確かに柔らかくて臭みもなくおいしい。そしてお肉もさることながらソースに使っているブラックペッパーがおいしい!さすがマダガスカル産ペッパーです。

マダガスカルのお花

Img_0509
プルメリアです。まだ咲きはじめですね。

Img_0515
このお花の名前はわかりません。

Img_0516
これはなんとポインセチアなのですが、大きな木になっていました。日本では小さな株しかないのでびっくりwobbly

Img_0584_2
ナスタチウムも色が鮮やか!

2008/04/17

マダガスカルの果物

Img_0447
マダガスカル産のグアバです。現地の人に連れて行ってもらった朝食ブュッフェで飲んだグアバジュースが今まで飲んだ中でずば抜けて美味しかったので、きっとこの新鮮なグアバも美味しいのでしょう。

Img_0448
無農薬で育てているレモンです。見た目は汚いですが味は濃くってそてもよい香りがするそうです。

2008/04/16

初マダガスカル

Img_0585
マダガスカルに初上陸です。最近テレビでお猿のシファカやら星の王子様で有名なバウバブの木など紹介されているアフリカ大陸の小さな島マダガスカルです。上空からみたら何とも赤茶けた土地が広がっています。

Img_0442
空港に着いた途端客引きのタクシー業者がわんさか!私たちは現地の人に迎えに来てもらっていたので安心していたのですが、ちゃっかりうちの相方の荷物を分捕り、車まで運んだからお金をくれと言われました。まだまだ貧しい国なのです。そんななので、臆病な私たちはホテルの外に出ることなくホテルのレストランでディナーです。これはパンプキンスープ。日本のカボチャのようには甘くありません。

Img_0443
エビの辛し炒め。マダガスカル人の主食はお米なので、ここでもお米が添えられています。なかなかおいしかったです。

Img_0444
デザートはヌガーアイス。チョコレート味がさすがマダガスカル産カカオから作られたチョコレートなので、酸味があってほろ苦くおいしかったです。

南アフリカ

Img_0439
南アフリカ ヨハネスブルグ空港です。臆病な私たちは南アフリカでは宿泊せず、ついてすぐに仕事をしてお昼すぎにはマダガスカルへ出発します。

Img_0587
空港の中のお店でちょっぴり南アフリカ体験smile

マドリッド「エル・リオハノ」(スペイン)

Img_0429
マヨール通りにある1835年創業の菓子店「エル・リオハノ」に来ました。ここはクリスティーナ女王が庶民に美味しいお菓子を知って貰おうと、お抱えの菓子職人に開かせたと言われるお店なんだそうです。そして焼き菓子の原型が作られたとも言われています。

Img_0431
私は「「パスタ・デル・コンセホ」というクッキーのような焼き菓子を食べましたが、何とも素朴でおいしかったです。

マイヨール広場(スペイン)

Img_0426
マイヨール広場です。実はここに来るまでに迷ってしまい親切なスペインのおじいさんに連れてきてもらいました。はじめはお金目的かと思っていたのですが、迷ったポイントからマイヨール広場まで30分くらい歩いたのですが、その道すがらも観光ポイントをスペイン語で一生懸命説明してくれて、マイヨール広場についたら、笑顔で握手して去っていきました。旅先でこのように親切にされると感動してしまいますdiamond

Img_0433
そしてパエリア食べました。美味しかったheart04

2008/04/15

マドリッド「La Broche」(スペイン)

Img_0389
マドリッドにあるエルブジのシェフが開店したという「La Broche」でディナーです。英語で一応メニュー説明をしてくれたのですが、さすがにうちの相方も難しい料理の単語はわからないものが多かったらしく、また面倒臭かったのか私には通訳してくれず、さっぱりわからないままに食事が進んでいきました。これは確かチーズと何かを混ぜたものをスナックみたいのに乗せたものです。さすがエルブジにいた人だけあって、味が単純じゃないだけに説明が難しいです。

Img_0390
ゴマのお煎餅と飴がけピーナッツ

Img_0391
タイの海老せんのような味がしました。

Img_0392
パンにはバターと3種類のお塩。

Img_0393
そして産地と品種に分かれているオリーブオイルがついてきます。私は向かって左のオリーブオイルが気に入りました。スペインのオリーブオイルは噂には聞いていましたら、イタリアよりおいしいのがあるのかもしれません。

Img_0394
何かのスープでした。でも何かはわかりません(泣)

Img_0397
うにっぽいスープの上にごぼうチップのようなものが置いてあるものです。

Img_0398
味噌っぽい味のスープ

Img_0400
パンその2です。立派な木のワゴンから好きなものをチョイスします。

Img_0402
ベジタブルメニューの前菜。きれいに盛り付けられたサラダです。

Img_0403
はまぐりに野菜のジュレが引いてある前菜。

Img_0406
とっても濃厚なチーズのスープの中にタラコが入ってました。

Img_0409
あなごかウナギの中に肝のようなものが巻かれているもの。

Img_0411
牛肉のステーキ。真中にあるのはワインで作られたうすーいじゅえみたいのがアルファルファの上にのかってます。

Img_0412
チーズのリゾット。

Img_0414
ついにデザートかと思ったらこれは何か分からないけどしょっぱくて冷たいものでした。お口直しなのかな?

Img_0415
さぁ、ついにデザートかとおもったらチーズを使ったこれも甘くない冷たいものでした。

Img_0418
そしてようやくデザート。キャラメルの中にマスカルポーネクリームのようなものが入っていました。

Img_0419
食後のお茶はなんとほうじ茶。でも中国緑茶の味がして日本のものとは全然違いガッカリ・・・。

Img_0425
プチフールはイチゴのゼリーと麦チョコです。

感想としてはとてもどれも美味しかったのですが、何食べているのかわからないほど奇抜な味で疲れてしまいました。

「La Broche」
Calle de Miguel Angel 29
28010 Madrid
tel.91-399-3437


グラナダ(スペイン)

Img_0348
次に訪れたのはスペインのグラナダというオリーブや野菜の産地です。

Img_0345
今はちょうどアスパラの季節。畑で初もののアスパラさんをパチリcamera

Img_0349
お昼はグラナダのローカルレストランで。前菜に出てきたレバーパテの上にスパニッシュオムレツがのっているものです。ワインと一緒につまみます。

Img_0350
これは豚肉の軽くスモークさせたようなハムとサラダです。

Img_0352
これはなんとアスパラバターなんだそうです。色はきれいですがあまりアスパラの味はしませんでした。

Img_0353
日本にもなじみが深い、クリームコロッケです。真中にある甘いジャムのようなものはなぞでした。

Img_0354
ワイルドマッシュルームと牛肉のカルパッチョです。ここら辺はワイルドマッシュルームも産地らしく美味しかったです。

Img_0355
シーズンということでここでもアスパラをいただきました。ソテーしたものを塩、こしょう、バルサミコ酢でいただきます。

Img_0356
これはゆでたアスパラに鱈と卵をいれてぐちゃぐちゃに混ぜたものなんだそうです。添えてある揚げたバケットに乗せていただきます。濃厚なお味です。

Img_0357
デザートもローカルなものをということで、ミルクフライです。ミルクを砂糖とともに煮詰めてとろみをつけたものに衣をつけて揚げたお菓子です。美味しいけどちょっと重い。

Img_0368
飛行場への帰り道の途中、オリーブ畑に連れてきてもらいました。どこまでも続くオリーブの木が圧巻です。

スペインローカルフード

Img_0312
こちら、一見ヨーグルトに見えますが、スペインのローカルな食べ物で「Cuajada」というそうです。たぶん発音はクアーダだと思います。味は甘くない豆乳プリンといった感じです。現地の人いわく、スペインの人は朝ヨーグルトの代わりにこれを食べるんだそうです。ローカルの食べ物ってどこの国に行っても面白いhappy01

2008/04/14

ジローナにある古い大聖堂(スペイン)

Img_0296
サン・ジョアン・デ・レス・アバデセス僧院・博物館にきました。とってもとっても歴史のある建物なのだそうですが、私の英語力では全部の解読は無理でしたsad

Img_0302
この町で育った現地の方と一緒に来たのですが、今でこそ建物の中で守られているこの彫刻ですが、彼が子供のころは外に出しっぱなしで、よくこの彫刻に足をかけて登ってたと言ってました。

Img_0305
中庭もとってもきれいです。

スペインのペコちゃん

Img_0286
ペコちゃん発見!スペインではPIPACHICと呼ばれているらしい・・。

sant Joan de les Abadesses(スペイン)

Img_0233
スペインのジローナにあるsant Joan de les Abadessesという町にきました。ここはピレネー山脈のふもとにある小さな町です。

Img_0256
ここで小さな肉加工工場を見学です。美味しそうなサラミを試食。真中にある胡桃とレーズンが入ったサラミが絶品でした。

Img_0276
お昼はここの町の小さなレストランへ。

Img_0277
湧水もあります。

Img_0279
今が旬だというホワイトアスパラです。日本と同じくマヨネーズをつけて食べます。うまいhappy02

Img_0280
ポタージュですがちょっとしょっぱかった。。。

Img_0281
軽く食べたいと思いチキンにしましたが、このボリュームcoldsweats02美味しかったのですがかなりワイルドな料理で半分も食べれませんでした。

Img_0283
この村のローカルなデザートで「クレーム ド カタラン」です。クレームブリュレにとっても似ていますが、中のクリームに生クリームを使っていないのが違うところです。さっぱりしていてとても美味しかったです。

Img_0291
ネコちゃんのお昼寝している、まったりとしたよい街でした。

2008/04/13

ミネラルウォーターも

Img_0209
ミネラルウォーターのボトルにもガウディが!この炭酸水はなぜかしょっぱいcoldsweats02

ガウディ(バルセロナ)

Img_0151
チューリッヒを経由してはじめに訪れたのはスペインのバルセロナ。バルセロナに来たら外せないのがガウディの建築物です。

Img_0153
カサ・バトリョという建物です。

Img_0153_2
このようにモザイクがとてもきれいな建物でした。

Img_0159
カザ・ミラです。残念ながら時間がなかったので屋上の面白い煙突は見れませんでしたweep

Img_0187
ガウディと言えばサクラダファミリアです。さすが鳥肌がたつほどすごい建物です。真中に細かく白い鳩がくっついています。

Img_0190
萌える作りがたくさんちりばめられてますheart02

Img_0203
ライトアップされてもきれい!

Img_0206
通り際のインテリアショップにもこんなおしゃれなオブジェが飾ってありました。

初スイスエアー

Img_0141
急遽、スペイン、南アフリカ、マダガスカル、ドイツの旅に出ることになりました。今回ほとんどの移動でお世話になるスイスエアーです。マークがかわいいhappy02

Img_0140
機内食で出たスイス風パスタ。かなり微妙な味ですcoldsweats02

Img_0143
機内で必ず配られるスイスエアーのミルクチョコレート。スイスはミルクチョコレートがおいしいですheart04

« 2008年3月 | トップページ