最近のトラックバック

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/31

KLMのビジネスですよ

Pict8959
帰りはさすがにエールフランスの人も申し訳ないと思ったのか、KLMのビジネスクラスを取ってくれました。いやぁ、気分がいい。

Pict8963
料理もゴージャスですよ。これは前菜。

Pict8964
メインはチキン。

Pict8966
デザートのチョコレートアイスケーキ。中にキャラメルクリームが入ってました。

Pict8968
朝食はあらかじめオーダーされたものが出てきます。なかなか良いですよ。フランスのストでは散々な目にあいましたが、ビジネスで帰ってこれたので少しは浮かばれた気がします。

2007/10/30

気になるオブジェ

Pict8954_2
Pict8955_2
Pict8956_2
ホテルに飾ってあった絵が妙に気になったのでパチリ。

なぜかオランダ

Pict8946
悪い予感は当たるもので、ストで代わりに予約をしてもらったエアの予約が取れていなく、新しい便でドイツにとんだはよいですが、パリ発のエアが遅れドイツからの成田行きのエアに乗り遅れ、さらにエールフランスに交渉したところ、オランダに飛んでもう1泊して日本に帰国することに。これは疲れ果ててついたオランダのホテルのディナー。もちろんエールフランス持ちの食事ですが、ちょっとびっくりするくらいおいしかったです。これはびんちょうマグロのカルパッチョ。

Pict8947
パプリカサラダ。パプリカが本場だけあってうまい!

Pict8948
バターフィッシュのソテー。

Pict8950
デザートのパンナコッタも上にフレッシュなストロベリーソースがかかっていておいしい。まぁこれがタダで食べられたから今日のミスは少し許すことにしよう。

フォションのサンドウィッチ(Paris)

Pict8942
いよいよパリ最終日なのでちょっとリッチな朝食をと思い、フォションでサンドウィッチを購入。なんとこれ1つ8ユーロします。日本円にすると約1500円くらいですよ(泣)

2007/10/29

ジャンポール・エヴァンのケーキ(Paris)

Pict8937
テイクアウトで買ってきたプリンセスなんちゃらというケーキ。

Pict8940
メレンゲでコーティングされたバタークリームの中にチョコにくるまれたキャラメルソースというつくりなのですが、これが今までに食べたことのないくらい絶品でした。日本のジャンポールエヴァンに売ってればと思い、行ってみたのですが、残念ながら日本のお店では扱ってませんでした。

ルーブル美術館(Paris)

Pict8922
ストのおかげで予定外でしたがルーブル美術館に来ることができました。ダビンチコードで有名な場所ですね。

Pict8923
モナリザさんはバチバチフラッシュたかれてちょっとかわいそうな感じでした。絵をゆっくり鑑賞するという雰囲気ではないですね。残念。

2007/10/28

マドレーヌ近くのラデュレへ(Paris)

Pict8918
マドレーヌ寺院の近くのラデュレに来ました。ショーケースの中にあるハートのマカロンケーキがプリティ。

Pict8919_2
マカロンの詰め合わせもかわいいですね。

Pict8917
今日来た目的はこれ「バラとフランボワーズのサントノレ」。ローズ風味のカスタードクリームの入ったシュークリームとこれまたローズ風味のする生クリームのケーキにフレッシュラズベリーが飾ってあるケーキです。さすが、看板商品だけあっておいしい。

サンタ・ルチア(Paris)2

Pict8912
なんと夜もあまりにも美味しかったので再度「サンタ・ルチア」へ。前菜の盛り合わせも本場イタリアと同じくらいおいしい。

Pict8913
相方が頼んだキノコのパスタ。器がチーズを焼いたものでできています。かなり濃厚なお味。

Pict8914
私はあっさりとボンゴレをチョイス。パスタのゆで加減が絶妙です。

Pict8915
昼間に目撃してどうしても食べたかったストロベリーシャンティ。上のシャンティは何とイズニーのクリームです。

Pict8916
相方が頼んだパンナコッタ。味はとってもおいしいのですが、クッキーを真中に刺すのはちょっと・・・

ノートルダム寺院(Paris)

Pict8906
ディズニーアニメ「ノートルダムの鐘」でも有名なノートルダム寺院へ。

Pict8909
ちょうどパイプオルガンの演奏が始まったのでしばし目を閉じて重厚な音を堪能。心が静まって行きます。

サント・シャペル(Paris)

Pict8887
パリ最古のステンドグラスが見れるという「サンド・シャペル」へ。

Pict8891
ひとつひとつのステンドグラスがすべて違うもので、それぞれに意味があります。圧巻。

サンタ・ルチア(Paris)1

Pict8881
今頃は日本で日本食を楽しんでいるはずだったのですが、エールフランスのストのためなんと帰国できなくなりました。帰国できるのは4日後です(泣)もうフランス料理はtoo muchだった私たちはヨーロッパで日本食は危険すぎるので日本食の次に懐かしくなるイタリアン料理を食べることに。ここは「のだめカンタービレ」でのだめが食べに行ったというイタリアン料理店です。店主がうれしそうにるるぶに紹介されている自分の写真を見せにきましたよ。ピザを焼いている店主はご機嫌に鼻歌を歌いながら絶妙な手つきでピザを操ります。いやぁ、びっくりするくらいナポリで食べた味に近かったですよ。違うのは使っているチーズが違うくらいで非常に満足です。

Pict8883
このポモドーロのスパゲティも素晴らしくおいしい!トマトの味が全然日本のものと違いました。

Pict8884
相方のデザートティラミスも絶品!

Pict8885
私は焼き立てアップルパイ。クレープ記事の上にフレッシュアップル、バター、粉砂糖をふってピザ釜で焼いたもの。シンプルだけどものすごく完成された味。

サンタ・ルチア(Santa Lucia)
22 Rue des Canettes 75006
01.43.26.42.68
メトロ「サンジェルマンデプレ」から徒歩5分くらい

2007/10/27

ル・セルクル・デュ・ディセティエンム(Paris)

Pict8864
私たちが最後の晩餐に選んだお店は日本人シェフが頑張っているという地下鉄Argentine駅からちょっと歩いたところにある「ル・セルクル・デュ・ディセティエンム」へ行きました。お店は予約でいっぱいで繁盛していました。これは相方の前菜のマッシュルームの中に詰め物がされている前菜。

Pict8868
私はエビのグリル味噌ソースかけ。日本人が作っているだけあって味付けは日本人にはほっとするお味。

Pict8870
相方のメインは鴨のコンフィ。これも素晴らしい味加減だったそうですよ。

Pict8872
私のメインはマグロのゴマソテーわさびソースかけ。私は日本人だわと認識させられる味でした。

Pict8877
抹茶のクレームブリュレ。ほのかに抹茶の香りがします。

Pict8879
プロフィットロール。これだけはなぜかアメリカンな感じにめちゃ甘でした。
これが最後の晩餐になるはずだったのですが・・・

ル・セルクル・デュ・ディセティエンム(Le Cercle du 17e)
5,rue Labie 75017
01.45.74.22.98

夜の凱旋門

Pict8855
今日は旅最終日ということでちょっと観光客っぽく凱旋門に行ってみました。ライトアップされていてきれいです。

Pict8859
せっかくなので真下にも行ってみました。なんかきれいな彫り物がしてあります。

パトリック・ロジェ(Paris)

Pict8603
日本で開催されたサロンド・ショコラではびっくり価格で販売していたという「パトリック・ロジェ」さんへ。

Pict9001
色々好きなものをチョイスして購入。どれもこれも味にメリハリがあり、さすがといった感じ。今回パリで買ってきたチョコレートの中ではダントツのおいしさでした。場所はメトロOdeonからすぐ近くです。

パトリック・ロジェ(Patrick Roger)
108, boulevard Saint-Germain 75006
TEL01.43.29.38.42

パン・ド・シュクル(Paris)

Pict8842
今回どうしても行きたかったパティシエのお店「パン・ド・シュクル」に来ました。ここは3つ星レストラン「ピエール・ガニエール」でトップパティシエを務めていた方が独立した出したお店です。

Pict8848
とにかくすべてのものがきれいです。

Pict8988
マカロン全種類を購入しました。味はどれもとってもおいしい。ラデュレとは違いモダンな感じな味付けで、私はチョコミントがものすごく気に入りました。

パン・ド・シュクル(Pain de Sucre)
14 Rue Rambuteau 75003
※イートインスペースはありません。

2007/10/26

リサの住んでる「ポンピドゥ」

Pict8841
目的のお菓子屋さんに行く途中思いがけずポンピドゥの近くを通りました。パリの作家さんが書いている「リサとガスパール」のリサちゃんはなんとこのポンピドゥに住んでる設定なのですよ。すごいなぁ。

Risa

リサのおうち

サンドウィッチ「COZI」(Paris)

Pict8839
今回の旅で2度目のサンドウィッチ「COZI」。ここのパンは石釜で焼いていて、具もたっぷりで非常においしいサンドウィッチ屋さんです。場所は初日に訪れたオ・シェ・ドゥ・ラベイのすぐ近くです。

かわいい広告

Pict8835
今回の旅でよく見かけた広告ポスター。パンがあまりにも柔らかく心地よくて寝ちゃいましたっていうことを表現してると思うんだけど、この女の子が何ともキュート!髪止めもとってもプリティ!

ラ・ロトンド(Paris)

Pict8808
パリ地下鉄Vain駅から近いカフェ「ラ・ロトンド」でディナーです。ここのプティパンはおいしかった!バターはエシレです。

Pict8809
本日のお勧めということでホタテのソテーを注文。お勧めというだけあっておいしかった!

Pict8814
なにより一番おいしかったのがこの「スペシャルフレンチビーンズ」。今まで散々フレンチビーンズを食べましたが、ここのがゆで加減から味まで一番素晴らしかったです。あぁ、もっと食べたい・・・

Pict8816
お店の自家製だというアイスを注文。ペアとピスタチオとストロベリーをチョイス。甘さ控えめでおいしい!

ラ・ロトンド(La Rotonde)
105 Bvd.du Montparnasse 75006
TEL01.43.26.68.84

2007/10/25

パリのスティッチ

Pict8803

Pict8837
パリのメトロで見つけたディズニーランドパリの広告。今はスティッチのイベントを開催中らしいです。東京ディズニーランドのポスターには必ずミッキーネズミがいますが、パリのにはいませんでした。

ストラスブルグのお菓子(北フランス)

Pict8801
ストラスブルグのお菓子屋さんで買った季節のお菓子。左側は栗を模したお菓子で、マジパンとチョコレートで作られています。右はおそらくアケビを模しているお菓子。チョコレートの入ったプルーンをマジパンでくるんであります。美味しいけどめちゃくちゃ甘い。

ストラスブルグでフォアグラ(北フランス)

Pict8799
ドイツとの国境に近いストラスブルグへ。ここはフォアグラ発祥の地です。

Pict8796
ということで早速フォアグラを。奥の白っぽいのがあひるのフォアグラ。手前の赤っぽいのが鴨のフォアグラです。カモのほうが臭みが少なくておいしいですね。添えてたるフィグのジャムと一緒に食べるとくどっぽさが解消されて美味しくいただけます。

Pict8798
ほかの方たちはフォアグラの後にわらじのようなステーキを食べていましたが、私はフォアグラだけでも胃がもたれ気味なので、さっぱりとチキンサラダを食べました。

2007/10/24

カフェ・ドゥ・ラペ(Paris)


Pict8734
オペラ座の近くにあるカフェ「カフェ・ドゥ・ラペ」。ここは19世紀半ばにオープンしたカフェで、店内の装飾は歴史的建造物にもなっているというカフェです。この芸術的なものはなんとサラダ。崩すのがもったいないくらい美しいですね。

Pict8737
「オニオングラタンスープ」は味も濃すぎずちょうどいい味付けでした。

Pict8742
白身魚のグリルですが、何のお魚かは忘れてしまいました。

Pict8744
鴨のコンフィ。添えてあるじゃがいもの風船のようなものがおいしかったです。

Pict8749
デザートも芸術的なケーキが出てきました。ホワイトチョコレートがベースになったケーキです。

Pict8751
お勧めと書いてあったミルフィーユ。確かにおいしい。

Pict8755
洋ナシのコンポート。私的にはこれが一番お気に入り。

Cafe de la Paix(カフェ・ドゥ・ラペ)
12 Blvd,des Capucines 75009
TEL(0)1.40.07.36.36

Collonges La Rougeでランチ(南仏)

Pict8713
Collonges La Rougeの小さなレストランでランチをいただきました。このクルミは地元でとれたものなんだそうですが、あくがほとんどなく、甘くておいしいくるみでした。

Pict8714
パンプキンスープ。日本のパンプキンとは違いおそらくバターナッツのようなもので作ったスープなんだと思います。やさしい味でおいしかったです。

Pict8716
今回のフランスの旅の中で一番おいしかったのがこの食事です。地元の牛の蒸し焼きにしたものにラタトゥユとカモの脂でソテーしたじゃがいもが添えられています。一つ一つが素晴らしくおいしかったです。

Pict8718
デザートは地元のくるみで作ったタルトと胡桃のアイスクリーム、エッグタルトです。どれも素朴でおいしかった!

Collonges La Rouge(南仏)

Pict8646
ブリーブ ラ ガイヤルドの近くにある「Collonges La Rouge」という小さな村に連れてきてもらいました。ここはすべての建物が赤い石で造られているとってもとってもかわいらしい村です。

Pict8648
わんちゃんがお出迎え。

Pict8653

Pict8656
この村の近くに鴨の屠殺場があるらしく、フォアグラ料理のレストランがありました。

Pict8660

Pict8665

Pict8669
葡萄も木になっています。

Pict8672

Pict8679

Pict8687
まるでグリム童話の中に出てくる村のようでものすごく感動しました。本当に美しい街です。

2007/10/23

ブリーブ ラ ガイヤルド(南仏)

Pict8618
パリから特急で約4時間、南フランスの「ブリーブ ラ ガイヤルド」に到着。これはセントラルにある教会。

Pict8620
ホテルは白馬のペンションのようなつくりでしたが、窓からの眺めは奇麗でした。

かわいいペリエ

Pict8615
日本では見たことのない、かわいいペリエ。

駅にオリーブの木

Pict8604
駅の構内にオリーブの木を発見!これから南仏に向かいます。

ラデュレの「ルリジューズ」

Pict8602
サンジェルマン・デ・プレ駅の近くにあるマカロンで有名な「ラデュレ」で念願のケーキを初トライ。ここの看板商品でもあるローズ味の「ルリジューズ」をチョイス。簡単に言うと大小のシュークリームが重なっているケーキなのですが、シューの中のクリームがローズ風味であるのと、つなぎになっているバタークリームがポイントとなるケーキです。とってもお上品なお味でした。

Laduree(ラデュレ)
21 rue Bonaparte 75006
TEL(0)1.44.07.64.87

ポワラーヌ(Paris)

Pict8600
パンドカンパーニュが有名なポワラーヌ。私はここのサブレがパリで買うお菓子の中で一番お気に入り。今回は日本への持ち帰り用にサブレとカンパーニュとパン・ド・エピスを購入。パン・ド・エピスが絶品でした。

Pict8605
それとすぐに食べるようでりんごのデニッシュを購入。すっごくシンプルな作りなんだけどりんごの酸味がしっかりと効いていてとっても美味しい。

Poilane(ポワラーヌ)
8 rue cherche midi 75006
TEL(0)45.48.42.59

cuisine de bar(Paris)

Pict8597
ポワラーヌの隣にあるポワラーヌのパンで作ったタルティーヌが食べれるカフェです。これはランチについてくるサラダ。

Pict8598
トーストしたポワラーヌのパンの上にいろいろな具を乗せてくれます。私はツナをチョイス。

Pict8599
デザートにはチョコレートが乗ったのを食べました。チョコレートが溶けて何ともいえず美味しかったです。

Pict8601

cuisine de bar
8 rue du Cherche-Midi
TEL(0)1.45.48.45.69


レンヌ駅近くのマルシェ(Paris)

Pict8596
レンヌ駅の近くでマルシェが開催されてました。やはり野菜は色とりどりで日本と違いますね。サヴォイキャベツもさすが安いですよ。買って帰りたい・・・。

パリの北駅

Pict8592
パリの北駅。東京でいうところの上野駅ですね。

2007/10/22

レ・ドゥ・マゴ(Paris)

Pict8585
サンジェルマン・デ・プレ駅の近くにあるカフェ「レ・ドゥ・マゴ」でディナーです。このカフェはオスカー・ワイルドなど著名は文化人が集ったというカフェなんだそうです。今回の旅ですっかり虜になったフレンチビーンズのサラダ。

Pict8586
パリのカフェの定番「クロックマダム」

Pict8589
ピエール・エルメの「イスパハン」があったので、日本との違いを感じるために食べてみました。ほとんど日本で売っているイスパハンと味は変わりません。でも値段はパリのほうが2倍くらい高いです(泣)

Les Deux Magots(レ・ドゥ・マゴ)
6 PI, Saint-Germain des Pres 75006
TEL(0)45.48.55.25

イベリコベジョータ堪能

Pict8577
イベリコ豚の町Jabugo(ハブーゴ)に来たからには、イベリコ豚を堪能しなければなりません。イベリコの中でもどんぐりしか食べさせていないイベリコベジョータのみで肉加工をしている工場に隣接しているレストランでこれでもかというくらい堪能しました。これは「モルコン」という肩の部分を使ったというハム。うまい・・・

Pict8579
これは日本でもおなじみにハモンイベリコベジョータですね。脂身がバターのようにとろけます。

Pict8581
地元のチーズ。ハムと一緒に食べるとおいしい。

Pict8582
脂身がおいしいのでサラミも文句なくおいしい。

Pict8583
イベリコベジョータのチョリソ。これもビールのつまみには最高でしょう。ちなみにこちらの人はシェリー酒と一緒にイベリコハムを食べることが多いのだそうです。

イベリコ豚の町Jabugo(ハブーゴ)

Pict8566
イベリコ豚の町Jabugo(ハブーゴ)にやってきました。

Pict8567
とってもきれいな小さな町。これはセントラルにあった教会。

2007/10/21

TABLAO EL ARENALで本場フラメンコ(Sevilla)

Pict8503
ホテルの人に勧められた「TABLAO EL ARENAL」で本場フラメンコを鑑賞。

Pict8509
目の高さにステージがあるので、まさにかぶりつき状態。ダンサーの熱気が伝わってきます。

Pict8510
私はこのお姉さんの踊りが好きでした。

Pict8512
ショールを使った踊り

Pict8514
男性の踊りはさすがにダイナミック。顔はすごい悲壮感が漂っていました。

Pict8518
おそらくこの方が一番上手な人なのだと思います。カスタネットを使った踊りでした。

お料理をいただきながらフラメンコを見るのですが、お料理は決して美味しいとはいえません。行かれる方はショーの前に美味しいディナーを食べてから、ショーだけ見に行くことをお勧めします。

スペイン広場(Sevilla)

Pict8475
「スターウォーズ エピソード1」や「アラビアのロレンス」のロケ地としても使われた「スペイン広場」。ここは万国博覧会「イベロ・アメリカ博覧会」の会場施設として造られたものらしいです。

Pict8477
このようにスペイン各地のタイル絵が何枚もあります。

黄金の塔(Sevilla)

Pict8473
「黄金の塔」という建物。大砲があったので、砦みたいなものなのでしょうか。

マエストランサ闘牛場(Sevilla)

Pict8467

Pict8469

闘牛のメッカだけあって、立派な闘牛場があります。この町の近くには闘牛の牛を飼育している牧場もたくさんあります。

オレンジ?

Pict8461
Sevillaは南スペインなのでとってもあったかい。パリが5度くらいの季節でもSevillaは25度くらいある感じです。なので街中にはこのような柑橘類の木がたくさんありました。

Cerveceria「Giralda」でタパス三昧(スペイン)

Pict8444
ホテルの人に勧められたCerveceria「Giralda」でタパスランチ。

Pict8446
乾パンみたいなんだけど、小麦の味がおいしいセビリアのパン。

Pict8447
「シュリンプカクテル」。海老の下のソースの下にはゆで卵が。

Pict8448
Pict8449
中にベシャメルソースが入った「クロケット」。添えてあるボイルトマトと一緒に食べると絶品。

Pict8450
「トマトの冷たいスープ」。ガスパチョとも違い、何とも言えず爽やかでおいしい。

Pict8451
Pict8456
「マッシュルームの肉詰め」。マッシュルームが肉厚でワイルドな味。お肉とのバランスも絶妙。

Pict8455
「ラタトゥユ」。目玉焼きに黄身を崩して混ぜて食べると美味。

Pict8457
「生クリームとシナモンのケーキ」。見た目よりあっさりしたお味。

Pict8458
「コーヒーケーキ」。素直にコーヒーを感じられるケーキでした。

セビリア大聖堂

Pict8437
世界遺産にも登録されている「セビリア大聖堂」。塔の上にある女神は風見鶏のようにくるくる回るそうです。

Pict8440
カトリックの大聖堂の中では世界一大きいのだそうです。

VINCCI HOTEL(スペインSevilla)

Pict8426
スペインSEVILLAのホテル「VINCCI」。Sevillaはフラメンコと闘牛の発祥の地と言われているそうです。

Pict8428
ロビーは美しい吹き抜けに。

Pict8429
パティオ風になっています。

Pict8430
Sevillaの象徴的なタイルで作られたベランダ。

Pict8431
ベランダの下もテラスになっていてお茶ができます。お部屋も広くとても快適でした。

シャルル・ド・ゴール空港

Pict8419
明け方のパリ・シャルル・ド・ゴール空港。これからスペインに出発です。

2007/10/20

パリ街角のクレープスタンド

Pict8417
メトロの近くにあるクレープスタンド。たっぷりヌテラのクレープととろとろに溶けたチーズのクレープがあります。寒い時に熱々のクレープはおいしいですね。

オ・シェ・ドゥ・ラベイ(PARIS)

Pict8408
パリ6区サンジェルマン・デ・プレ駅の近くにある「オ・シェ・ドゥ・ラベイ」。ここは「シュー・ファルシ」がおいしいということで行ってみました。これは「鴨のスモークとフレンチビーンズ、山羊チーズのサラダ」です。すべての素材が素晴らしくおいしかったです。

Pict8409
パンはポワラーヌのカンパーニュです。酸味があっておいしい。

Pict8410
ジャーン!これが人気の「シューファルシ」日本でいうところのロールキャベツですね。

Pict8411
あっさりとトマトベースのスープで煮込んでいるので、胃にもやさしい感じです。

Pict8412
相方が頼んだ「りんごのシプースト」。メレンゲ部分がふわふわで上のキャメリゼがほろ苦く絶妙なバランスです。

Pict8413
私は「タルトタタン」。パイ生地の上にすっぱいリンゴがいっぱい乗っています。

Pict8416
もろ林檎って感じのデザートです。

Pict8414
ここのお店はショコラショーも美味しいということでかなりおなかいっぱいでしたがオーダーしました。確かに甘いけどおいしい!

「Au chai de I'Abbeye(オ・シェ・ドゥ・ラベイ)」
26,rue de Buci 75006
TEL(0)1.43.26.68.26

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »